受験

【大学受験】親の過干渉はNG!親の役割って何?かけるべき言葉や受験同伴すべきかも解説!

下記リンクから「特別な大学受験バイブル」を入手!

大学受験を控えたお子さんを持つ方にとって、日々の「親の役割」に悩む時も多いでしょう。

「全く勉強してないように見える...」

「なんて声かけしたらいいのかわからない...」

「親としてどう接すればいいんだろう...」

お子さんとの関わり方がわからず、喧嘩になってしまったり、関係がギクシャクしてしまうと悲しいですよね。

しかし、「大学受験」は大きな世界への切符を掴むために、お子さん自身が乗り越えるべきものです。

愛情から生まれる心配でも、行き過ぎると「過干渉」となってしまい、お子さんの受験だけでなく、成長をも妨げてしまう恐れがあります。

この記事では、

  • 【大学受験】過干渉にならない!親の役割って何?
  • 【大学受験】過干渉にならない!親がやってはいけない事は?
  • 【大学受験】過干渉にならない!親がやるべき事は?
  • 【大学受験】過干渉にならない!親がかけるべき言葉は?
  • 【大学受験】過干渉にならない!親の同伴はアリ?

といった内容について解説していきます。

お子さんを正しくサポートするために、大学受験における「親の役割」について、一緒に見ていきましょう!

【大学受験】過干渉にならない!親の役割って何?

まず、この記事を読まれている保護者の方に、一番最初に伝えたいのは、「無理に気張らなくても大丈夫!」という事です。

「受験生の親として、こうあらねばいけない」と、完璧を目指して親が無理すれば、お子さんは余計にプレッシャーを感じてしまいます。

大学受験を「異質なもの」として捉えるのではなく、お子さんの「成長の通過点」として柔らかく受け止めていればいいのです。

それを知った上で、お子さんを温かくサポートするための「親の役割」に触れてみてくださいね。

まず、親の役割として挙げられるのは「お子さんの自己肯定感を上げてあげる事」です。

大学受験は、勝負の世界です。

全国の名前も知らない相手と、お子さんは一点を賭けて実力を競っています。

そのため、常に他人との比較に晒される事になり、「自分なんて...」と自信を失ってしまう事も多いでしょう。

そんな時に「あなたは凄いよ!大丈夫!」と声をかけられるのは、一番近くでお子さんの成長を見ている親の特権です。

お子さん自身の自己肯定感を、そっと支えてあげてください。

また、親の役割として「健康面のサポート」があります。

受験期は、イライラが募っていたり、不安で食が細くなってしまう、もしくは過食に走ってしまうお子さんも多いです。

そんな時は、バランスの整ったお弁当を持たせてあげたり、好きなものを作ってあげるだけで、お子さんは元気が出ます。

「ちゃんと食べなさい!」と叱るのではなく、そっと食事で寄り添ってあげる心遣いが、お子さんにとってのパワーの源になるでしょう。

【大学受験】過干渉にならない!親がやってはいけない事は?

誰でも完璧にはなれないため、「しまった...」と思う事をお子さんにしてしまう事もあるでしょう。

しかし、「心配してあげてるのに...」という気持ちが、過干渉になってしまう事は多々あります。

ここでは、絶対にやらないでほしい事を1つご紹介します。

それは「勉強しなさい!」と受験勉強を強要する事です。

確かに、受験生になったのに遊んでばかりいるお子さんを見ると不安になりますよね。

塾にも通わせているのに、成績に反映されていないと、つい叱りたくもなるでしょう。

しかし、ここでグッと踏みとどまる事が大切。

なぜなら、大学受験は「自立への一歩」だからです。

「ちゃんと勉強しなさい!」

「頑張らないなら、ゲームもお小遣いもナシにするよ!」

この様な威圧的な言葉は、お子さんに大学受験を強要する事になってしまいます。

「大学受験はしなくちゃいけないものでしょ?」と思っている方は、一度立ち止まってください。

受験は、義務ではなく、お子さんが選択するものです。

自分で頑張ろうと決意し、自分の力で道を切り開くための試練なのです。

そして、受験の結果に対しての責任も、お子さん自身が背負うものです。

親が強要すると、その成長の機会を奪い取ってしまうことになりかねません。

将来、お子さんが自らの意思を持って生きていけるように、叱りたい気持ちをグッと堪え、お子さん自身に責任を持たせる事が大切なのです。

【大学受験】過干渉にならない!親がやるべき事は?

お子さんの大学受験を支えるために親がすべきこと、それは「親自身が大学受験の仕組みを理解しておくこと」です。

大学受験が迫ってくるにつれ、学校でも塾でも、三者面談の機会が増えます。

食卓でも、大学受験のスケジュール確認をしっかり行っておくことが重要。

でもその時に、親が「〇〇って何?」「その受験方法ってどんなものなの?」と素っ頓狂なことを質問していると、お子さんはイライラしてしまいます。

センター試験(現在は共通テスト)、AO入試、併願受験、推薦入試...。

受験制度は毎年変化しており、昔の大学受験のイメージだけでは補えない部分がたくさんあります。

いざ、お子さんから「このスタイルで受験したい」と相談された時、きちんとその内容を理解できるでしょうか?

親が大学入試に関してチンプンカンプンだと、お子さんが一生懸命自分の意思を伝えようとしても会話が成立しません。

また、高校の先生を挟んだ三者面談でも、「あれ、それって何のことだっけ?」と聞いているようでは、時間の無駄となってしまいます。

「前も言ったじゃん!」と、お子さん自身にもストレスがかかり、親に相談する気がなくなってしまう、ということは避けたいものです。

お子さんの意思に寄り添い、そっとサポートするためにも、親自身が大学受験の仕組みをリサーチし、知識を付けておく必要があるのです。

【大学受験】過干渉にならない!親がかけるべき言葉は?

ここからは、大学受験を控えたお子さんに「親がかけたい言葉」をご紹介します。

お子さんの気持ちに寄り添える言葉たちを、心に留めておきましょう。

「頑張ってるね」

「頑張ってるね」という言葉は、実は受験生の心をじんわり緩めてあげられます。

大学受験は、勝負の世界です。

会ったこともない競争相手と、ただひたすら競い合うことが求められます。

そのため、「自分なんて全然頑張ってないのかも...」と落ち込んでしまうことも多いのです。

そんな時に、親からもらう「頑張ってるね」という言葉は、これまでの努力や苦労、悔しさを緩めるパワーがあります。

一番近くで頑張りを見ているからこそ、「頑張りなさい!」ではなく、「もうたくさん頑張ってるよね」という気持ちを伝えてあげてください。

「受かっても落ちても、大丈夫」

受験生活を続けていると、「大学に受からなければ人生終了」のような強迫観念に苦しむ受験生も増えてきます。

しかし、親にとっての子どもの価値は、社会的な基準や価値判断とは別のところにあるはず。

大きな目標に立ち向かうお子さんの、結果ではなく姿勢を受けとめてあげたいものです。

ちょっぴり恥ずかしいかもしれませんが、「受かっても落ちても、あなたの価値は変わらない」ということを伝えてみましょう。

【大学受験】過干渉にならない!親の同伴はアリ?

大学受験当日が迫ってくると、「親は受験に同伴すべきか」ということで迷う方も多いでしょう。

ここで一番大切なのは「受験生本人がそれを望んでいるかどうか」です。

それを前提においた上で、親が同伴しても良い場合と、しないほうが良い場合について解説します。

親が同伴しても良いと考えられるのは、「受験会場がうちから通えない遠方」である場合や、「天候が悪い場合」です。

ただでさえ緊張している受験当日。

受験会場が家から遠く、飛行機を乗り継いだり、ホテル泊が必要な場合、普段と違う環境で強いストレスがかかることがあります。

親が同伴することで、その道中トラブルが発生した際にスムーズに対処することができます。

親がいる安心感から、慣れない環境でも落ち着いて実力を発揮できるお子さんもいるでしょう。

また、大雪などの悪天候により、公共交通機関が麻痺している場合、親が同伴することで、遅刻やそのほかのアクシデントを防げる場合もあります。

一方、家から通える距離に受験会場があり、不可抗力によるアクシデントが予想されない場合は、親は同伴しないことをオススメします。

受験当日に味わうドキドキや不安が、お子さんを成長させるからです。

お子さんは、受験会場に向かう途中、全国から集った沢山の受験生を目にするでしょう。

それはいわば、日本中のあらゆる場所で、自分と同じ目標を持って闘ってきた、同志たちなのです。

また、緊張の中にも、自分自身の心を信じようとする勇気があることに気づくはず。

その気づきが、自立を導き、大人として力強く生きていくためのヒントを与えてくれます。

受験に1人で向かうことが、受験生として頑張ってきた時間を振り返り、自分自身に向き合う時間を与えてくれるのです。

心配な親心は、そっと胸の中にしまって、お子さんの背中を優しく見守ることも必要です。

まとめ

大切なお子さんだからこそ、心配になったり、世話を焼きたくなるのは当然のことです。

お節介は親だけの特権だとも言えます。

しかし、行き過ぎた心遣いは過干渉となり、お子さんの成長の妨げにすらなってしまうのです。

大学受験は自立への一歩。

不安な親心をぐっとこらえ、背中を見守ってあげることが、お子さんの大学受験を上手にサポートすることに繋がります。

知らなきゃ損する大学受験のイロハ【保護者さま・独学の受験生向け】

  • いつまでも志望校が決まらない…
  • 併願・滑り止めはどこを選んだら良いのか分からない…
  • 大学の受験費用が高すぎる!節約方法を知りたい。
  • 受験生とどのようにコミュニケーションを取ったらよいのか分からない…

という悩みをお持ちの方のために、現役のプロオンライン家庭教師である私が、『受験生の親なら知っておきたい、受験成功のためのマル秘知識』を作成しました。

塾や学校で教えてもらえないにも関わらず、これらのポイントを全く知らないと失敗するリスクが何倍にもなります。

しかし、多くの人に知って欲しいため、自分でもビックリするほど低価格で提供しています。

以下の内容が全て一度に手に入ります。

  • 本当に大事な志望校の選び方
  • 志望校を変更するときの基準
  • 大学受験塾なしの割合&「実際どうなのか」
  • 独学で大学受験をする場合の参考書代目安
  • 受験生が言われて嬉しい言葉【保護者向け】
  • 大学受験の受験料について【国公立大および私立大】
  • 滑り止めはどのレベルを何大学受けるべきか

ちなみに、受験料の節約のパートでは、70,000万円も節約できる方法を解説していますが、本教材が3500円ですので、圧倒的コストパフォーマンスです。

  • 受験に悩んでいる保護者の方
  • 親に頼れないから自分でいろいろ考えなきゃいけない受験生

には、必ず役に立つ内容となっています。

なお、購入は「得意を売り買い」で有名なココナラからとなり、セキュリティ面なども安心です。

高校生の方なら、親の同意を得てキャリア決済するのがおすすめです。

(キャリア決済とは、スマホ料金と一緒に家族の口座から引き落とされる方法です。クレジットカードが不要なので安心だし、カンタンです。)

※当ブログ専用!300円分の招待コードを入力するとさらにお安く【コード:m3efvv】

少しでも興味のある方は、下のリンクで詳細をチェックしてください!

親なら知っておきたい大学受験のマル秘知識教えます 志望校の選び方から受験生への声掛け・受験料節約までプロが解説