受験

【とにかくまず確認】早稲田を独学合格で使った参考書代※文系

【とにかくまず確認】早稲田を独学受験する参考書代はいくら?※文系

下記リンクから「特別な大学受験バイブル」を入手!

こんにちは、塾講師・オンライン家庭教師のめじろです!

このブログで、受験生や保護者の方に役立つ情報を発信しつつ、個別指導なども行っています。

センターレベルであっても、早稲田レベルであっても、目標が決まったら、次は「どうやってかなえるのか?」を検討しますよね。

塾はお金がかかるから、独学で勉強してほしいという家庭も多いと思います。

私も、実際に完全独学で勉強し、現役で早稲田大学に合格しました。

早稲田大学の文系学部を独学で目指すとして、どれくらい参考書にお金をかければ十分な対策ができるのか、私の経験から、参考書代の予算を出してみたいと思います!

あくまで参考値と考えてください。

早稲田独学合格のための参考書|英語

英語は、基本的にどの大学を受ける場合でも配点が高いです。しっかり対策することで得点源にしておけば、これほど心強い科目はありません。一番参考書代をかけるべき科目と言えると思います。

英単語(参考価格合計:2376円)

◆商品名:ターゲット1900(Amazon参考価格:1080円)

→単語の基礎を作る重要な単語帳。最後のページまで覚えられれば早慶レベルも対応できます。

◆商品名:話題別英単語リンガメタリカ(Amazon参考価格:1296円)

→より高度な単語知識を付けるための参考書。経済・環境・医療などの専門分野の重要単語をフォローすることで、幅広いジャンルの入試に対応可能に。

文法・構文(参考価格合計:3704円)

◆商品名:基礎英文問題精講(Amazon参考価格:1026円)

→構文・短い英文を読み解く力を付けられる一冊。内容が少々退屈に思えるかもしれませんが、きちんと取り組めば大きな成果が出るので信じてやりこみましょう。

◆商品名:大学入試英語頻出問題総演習(Amazon参考価格:1382円)

→ボリュームがありますが、基本的な文法・語法の学習はこれ一つで足りるので頑張りたいところ。赤シートなど使って繰り返し解くことでかなりの力が身につきます。

◆商品名:英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編(Amazon参考価格:1296円)

→私は、早稲田のかなり難易度の高い整序問題にとても苦戦しました。みなさんにも、ぜひ取り組んでほしいです。穴埋めや並び替えだけでなく、間違いを訂正する問題もあります。

長文(参考価格合計:4205円)

◆商品名:やっておきたい英語長文1000(Amazon参考価格:987円)

→ライトな問題集に見えて、これはあなどれません。早慶にチャレンジする人にちょうど良い難易度の、良質な長文が収録されています。収録は10題のみ。要約付きなので、要約の練習にもいいです。

◆商品名:基礎英語長文問題精講(Amazon参考価格:1080円)

→ガンガン長文を読む練習をするならこれです。難易度は標準レベルですが、逆に言ってこのレベルが解けなければ難関私大では話になりません。

私が実際に早稲田に合格するために使った英語の参考書は、合計で10285円でした。
強化したいジャンルなど個人差もあると思うので、1万円~1万5千円くらいみておいてください。

早稲田独学合格のための参考書|国語

解き方にコツが必要な科目です。言い換えれば、コツをつかめば短期間で成果が出るので、『コツを理解する』ことを重点に参考書をそろえると良いと思います。

現代文(参考価格合計:3294円)

◆商品名:教養としての大学受験国語(Amazon参考価格:972円)

→新書です。大学受験に新書?という感じですが、これがあなどれません。読まなければ絶対に良さが分からない、目からウロコの教養本。現代文の勉強は、これから始めてほしいくらいの名著です。

◆商品名:現代文解法の新技術(Amazon参考価格:1350円)

→現代文はこう解くんだよ、ときっちり教えてくれる参考書です。「現代文ってどう対策したらいいの?」という人がほとんどだと思いますが、これをちゃんと理解すると見える世界がかなり変わってきます。

◆商品名:マーク式基礎問題集 現代文(Amazon参考価格:972円)

→上の二つの参考書で勉強したことを、こういった問題集で確認・練習していきます。早稲田の現代文はかなり難しいですが、こういった基礎的な演習をどれくらいちゃんとやるかで、対応力が変わってきます。

古文(参考価格合計:3335円)

◆商品名:古文単語300すいすい暗記(書店参考価格:732円)

→古文単語も、ある程度は英単語と同じように機械的に覚えたほうが効率がいいです。絶版のためAmazonには新品がなかったですが、置いている書店はまだあります。これでなくても、似たような単語帳でもいいと思います。

◆商品名:基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル(Amazon参考価格:799円)

→見かけはかわいいですが、中身は頼もしいです。これで文法を確認してから、演習を始めるのがいいと思います。早稲田レベルでも、基礎がやはり一番大切。ここを頑張れるかが、あとあと大きく影響してきます。

◆商品名:標準古文 (実戦演習)(Amazon参考価格:832円)

→古文の実戦演習は、とにかくたくさんやってほしいです。私は、たしか1冊目の演習にこれを使いました。

◆商品名:マーク式基礎問題集古文(Amazon参考価格:972円)

→たしかこれが2冊めの演習に使った問題集です。とにかく回数を重ねてほしいので、これ以上必要なら何冊でもやってほしいです。

漢文(参考価格合計:1841円)

◆商品名:漢文早覚え速答法(Amazon参考価格:1080円)

→漢文は暗記だ!という概念をきっちり叩き込んでくれた本。「勉強しても、イマイチ点数がとれない」という人も、ぜひ使ってください。市販の漢文参考書で、一番効率よく知識を積み上げられる本だと思います。

◆商品名:マーク式基礎問題集 漢文(Amazon参考価格:761円)

→演習はたしかこれです。志望学部がマーク式だったので、河合塾のマーク式をよく使ってましたね。

私が実際に早稲田に合格するために使った国語の参考書は、合計で8470円でした。
1万円前後みておけばいいかと思います。

早稲田独学合格のための参考書|世界史

難関私大の世界史は、とても手ごわいので、しっかりお金と時間を使って対策します。自作のノートを作るなど、知識を一か所に集約するのがおすすめですが、そのために必要な参考書を公開します。

日本史の人も似たような参考書で対策できるはずですので、参考にしてください。

知識の確認用(参考価格合計:3749円)

◆商品名:詳説世界史B(Amazon参考価格:1890円)

→教科書として学校で配布される人も多いと思います。持っていない人は、買ってください。

◆商品名:世界史のミュージアム(Amazon参考価格:930円)

→いわゆる資料集です。歴史のタテの繋がりだけでなく、ヨコの繋がりも理解できるような工夫が満載なので、資料集を持っていない人・今持っているのが気に入らない人は、これがおすすめです。

◆商品名:世界史用語集(Amazon参考価格:929円)

→こんがらがりがちな用語を整理するのに重宝した用語集です。早稲田レベルなら、この用語集に載っている言葉は隅から隅まで覚える必要があります。逆に言って、この用語集が頭に入っていれば、入試も怖くないです。

情報整理・暗記用(参考価格合計:1620円)

◆商品名:詳説世界史 改訂版 ノート(Amazon参考価格:972円)

→世界史の基礎を身に着けるのにおすすめの問題集です。赤シートなどで繰り返し解けるようにしてください。

◆商品名:高校世界史年代スーパー暗記法(Amazon参考価格:648円)

→早稲田の世界史では、年号をそのまま聞いてくる問題も出ることがあります。歴史のヨコの繋がりを理解するのにも大切なので、「たかがゴロで覚える本」と言わず、持っておいてください。損はないです。

私が実際に早稲田に合格するために使った世界史の参考書は、合計で5369円でした。
参考書代としては5千円くらいみておいて、あとは自作ノートをやり込む感じが理想です。

早稲田世界史の注意点

※正直言って、「これさえやれば早稲田の世界史対策はOK!」という市販の参考書はなく、自分で工夫して使っていくことが重要です!

自作のノートに全ての覚えるべき情報を書き込んで、赤シートなどで繰り返し復習できるようにしてください。

いわば、自分でオリジナルの参考書を作っていく感覚です。頑張ってください!!

早稲田独学合格のための参考書|文系3科目の合計は約2万4千円!

早稲田に受かるために私が勉強した、英語・国語・世界史の参考書代は、合わせて24,124円でした。

これにプラスして、過去問をやるための赤本代が必要になってきますが、学校の進路指導室などでコピーさせてもらえることも多いです。赤本含めて、3万円くらいあれば対策は可能かと思います。

この金額は、私だからできたのではなく、本来ならこの量の参考書で充分ということです。

あとは、勉強のやり方や、参考書の内容をどれだけ体系的に、漏れなく理解できるかということになります。言い換えれば、情報をいかに知識化していくか、ということですね。

よく見たら分かると思いますが、問題集はほぼ「標準レベル」を使っています。

現時点での偏差値にかかわらず、標準レベルの問題をしっかり理屈立てて解けるかどうかが、分かれ道です。

独学のためのテクニックや努力はもちろん必要ですが、金銭的な事情で塾か独学か迷っている方は、ぜひ参考にしてもらえたらと思います!

知らなきゃ損する大学受験のイロハ【保護者さま・独学の受験生向け】

  • いつまでも志望校が決まらない…
  • 併願・滑り止めはどこを選んだら良いのか分からない…
  • 大学の受験費用が高すぎる!節約方法を知りたい。
  • 受験生とどのようにコミュニケーションを取ったらよいのか分からない…

という悩みをお持ちの方のために、現役のプロオンライン家庭教師である私が、『受験生の親なら知っておきたい、受験成功のためのマル秘知識』を作成しました。

塾や学校で教えてもらえないにも関わらず、これらのポイントを全く知らないと失敗するリスクが何倍にもなります。

しかし、多くの人に知って欲しいため、自分でもビックリするほど低価格で提供しています。

以下の内容が全て一度に手に入ります。

  • 本当に大事な志望校の選び方
  • 志望校を変更するときの基準
  • 大学受験塾なしの割合&「実際どうなのか」
  • 独学で大学受験をする場合の参考書代目安
  • 受験生が言われて嬉しい言葉【保護者向け】
  • 大学受験の受験料について【国公立大および私立大】
  • 滑り止めはどのレベルを何大学受けるべきか

ちなみに、受験料の節約のパートでは、70,000万円も節約できる方法を解説していますが、本教材が3500円ですので、圧倒的コストパフォーマンスです。

  • 受験に悩んでいる保護者の方
  • 親に頼れないから自分でいろいろ考えなきゃいけない受験生

には、必ず役に立つ内容となっています。

なお、購入は「得意を売り買い」で有名なココナラからとなり、セキュリティ面なども安心です。

高校生の方なら、親の同意を得てキャリア決済するのがおすすめです。

(キャリア決済とは、スマホ料金と一緒に家族の口座から引き落とされる方法です。クレジットカードが不要なので安心だし、カンタンです。)

※当ブログ専用!300円分の招待コードを入力するとさらにお安く【コード:m3efvv】

少しでも興味のある方は、下のリンクで詳細をチェックしてください!

親なら知っておきたい大学受験のマル秘知識教えます 志望校の選び方から受験生への声掛け・受験料節約までプロが解説