受験

日本史のノートのまとめ方|無駄にならない暗記法を解説!

日本史のノートのまとめ方|無駄にならない暗記法を解説!

こんにちは!塾講師のめじろです。

今回は、

恩田さん
恩田さん
日本史のまとめノートを作るのって効率悪いのかなあ?読んでるだけじゃ、覚えられなくて、困っているよ

こんな悩みを解決します!

私は、歴史のノートを自作して、1年足らずで早稲田大学に合格しました。

塾で特別な授業を受けたり、テクニックを学ぶことなく、「ノートまとめ」をガチることで合格を勝ち取っています。

歴史系のノートは、

  • 上手に
  • 効率よく
  • 正しいやり方で

まとめていけば、

サクサク覚えられて、格段に忘れにくくなります。

どんなに細かい知識でも、頭に入り、受験でスグに思い出せるようになります。

ということで、今回は「最強の日本史ノートの作り方」を伝授します!ぜひ最後までチェックしてください。

日本史のまとめノートは必要!作るべき理由は?

  • 日本史のまとめノートなんて、作るだけ無駄だよ!
  • 書いてばっかりで手が疲れるだけだよ

という、ノートまとめに対して否定的な意見もありますよね。

たしかに、

ただノートを書くだけ

ただまとめるだけ

では、無駄になってしまいます。

範囲も膨大だし、膨大な量の無駄なノートは作りたくないですよね…

では、無駄にならないノートを作るポイントは何か…?

それは、

  • 自分が覚えたいところにフォーカスしてまとめる
  • 赤シートで繰り返し暗記できるようにまとめる

ということ。

逆に、この2つをクリアしていなければ、日本史のノート作成は無駄になってしまうので、最初から最後まで、しっかり覚えておいてくださいね!

日本史のノートまとめを無駄にしない方法【復習できるノートを作る!】

今書いたように、日本史のノートは「復習できるノート」を作っていくことが大事です!

復習できる…とは、

赤シートで答えを隠して、なんども理解度チェックできること

です。例えば、これは私が受験生時代に作った世界史のノートです。

世界史ノート実例

日本史も、同じようにノートを作ることができます!

  • 教科書・資料集の流れを、→(矢印)やリスト(箇条書き)で書いていく
  • 覚えたい用語は、オレンジ色のペンで書く(赤シートで隠しやすい)

これで、何度も復習できるノートになります。

日本史の定期テスト用のノートまとめは必要?

定期テスト用のノートまとめは、高1・高2までで卒業しましょう!

受験の対策をしっかりやっていれば、定期テストの点数は取れるはずなので、定期テスト用ノートまとめは不要です。

高3になったら、もっと志望校合格のために大事なことに時間を使っていきます。

  • 過去問の「出題傾向」の箇所を読んで、どの範囲が出やすいのか知る
  • 出題されやすい範囲を、重点的にノートまとめ
  • なんども間違える・分かりにくいところは、オリジナルの表・リストを作って覚える

など、「志望校入試で合格最低点を取ること」を、何よりもまず、優先して、ノート作りをしていってください。

【高3向け】日本史の授業板書ノートの取り方

授業はしっかり聞いてほしいのですが、授業ノートに時間をかける必要はありません。

授業を聞いていて、

  • 大事だな
  • これを覚えておくと、差が付きそうだな

ということだけ、付箋などにメモして、教科書やまとめノートにそれを貼るのがおすすめです。

くれぐれも、授業ノートを作るのが目的にならないように。

受かるためのノート」を作っていることを、忘れないようにしてくださいね。

日本史の受験勉強用暗記ノートのまとめ方|書き方・作り方を順番に解説!

受かるためのノート」は、どのように作っていくのがいいのか…?

ノート作りのステップ・注意点をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

日本史のノートをまとめる順番【最初は流れをざっくりつかむ】

日本史のノートまとめのステップは、

  1. まずどの範囲をまとめるか決める
  2. 教科書を読む
  3. 流れ・登場人物・出来事をノートに書いていく

できれば、ルーズリーフでノート作りすることをおすすめします!

そうすれば、後でいくらでもページを入れ替えられるので、「どこから書くか?始めるか?」を迷わなくて済みます。

どの範囲から書くか決めたら、その範囲の教科書をしっかり読み込みます。

資料集・用語集も、ざっくり見ておくと、全体像がつかみやすいです。

「なんとなくこういう流れだな」と分かったら、

自分の言葉で、どんどんノートに書いていきます。

  • 教科書に載っている情報は、最低限すべて入れる
  • 重要そうな言葉は赤シート用色ペンで書く

という具合です。

間違えていても、あとで直せばいいので、

「合っているかな…?」
「意味を取り違えてないかな…?」

と心配する必要はないです。

完璧なノートを作ろう!と頑張ると、挫折しやすいので、

「あとで直せばいいや!」

くらいの気持ちで、スピード重視でやっていきましょう!

(先は長いので、ひとつの範囲で時間をかけていたら、受験に間に合いません~!)

日本史のノートは余白をガッツリ取っておくこと!

ノートを作るときは、余白をケチらないことがとても重要です!

あとから、

  • この情報が抜けてた!
  • 過去問の知識を追加!
  • 分かりやすい表を追加!

など、付け加えることを前提にしておいてください。

日本史だと、家系図を書き加えることもあるかもですね。

最初から全部完璧に書く必要はなく、どんどん先に進めるためにも、余白はしっかり残しておきましょう~!

日本史ノートの色分けは2~3色に抑える【カラフル・きれいは意味なし】

ノートの色分けは、2~3色で充分。

  • 綺麗に書こう
  • カラフルに書こう

とすると、どうしても無駄に時間がかかってしまいます。

さっきも書いたとおり、日本史のノートを作るときは、

  • 赤シートで何度も復習して、知識を定着させる
  • 必要なことを、できるだけスピーディに書いていく

ことが大事。逆に、それ以外はそんなに重要じゃないってことです。

シャーペン赤シート用ペン(オレンジ)だけで充分。

色を増やしたことで、管理が大変になると本末転倒なので、注意してくださいね。

日本史の年表は全部ノートに作ったほうがいいのか?

日本史は、タテの流れが多いので、どうしても年表を書きたくなるんですよね。

ただ、年表をすべて書いていると、時間がどんなにあっても足りません。

とはいえ、年表の中で暗記するのも、流れを理解するには効果的なので、おすすめは、

何度か暗記してみたけどなかなか覚えられない範囲

だけ、年表をつくることです。

例えば、

  • 藤原北家の平城太上天皇の変から、安和の変まで
  • 大久保政権の成立から、大日本帝国憲法の制定まで

など、ピンポイントで作る感じです。

その際も、重要語句は赤シート対応させて、暗記できるようにしていきましょう。

日本史のまとめノート【覚え方と使い方】

まとめ方をレクチャーしてきたので、今度は使い方です。

ノートは使ってナンボ!なので、ぜひしっかりチェックしてください。

1.赤シートでまず2周チェック!

最初にやることは、作った範囲の理解度チェックです。

ノートを全て作ってからではなく、2~3単元作れたら、どんどん赤シートで暗記していきましょう。

最初のうちは、

  • さっきまとめたばっかりなのに、全然できない!
  • 全く思い出せない!

という用語も多いと思います。

安心してください、それが普通です。

赤シートのチェックは、ノートをまとめた範囲を最低2周していきましょう。

2.3周目は、2周やっても覚えられなかった用語のみ

2周やると、「とりあえずこれは覚えた!」という用語と、「2回とも無理だった」と言う用語に分かれてくると思います。

2回とも思い出せなかった用語には、チェックマークや○印・×印など、目印をつけておいてください。

たとえば、私の場合、何度も思い出せなかった用語には、以下のようにチェックを濃く入れています。

(写真は世界史ですが、日本史でも同じやり方になります。)

世界史ノート実例5

3.こまめに振り返りする!

日本史のまとめノートを作っても、そのまま放置したら意味がありません。

何周かしていくと、「何度やっても覚えられない用語」が出てくると思います。

そういう用語だけでも、一週間に一回赤シートチェックしてください。

また、すぐに覚えられた用語も、一か月に一回は「ちゃんと覚えたままになっているかどうか」を赤シートチェックします。

どの用語も、パッとみて反射的に答えを言えるようにすることが大事です。

  1. 「う~ん」と考えてしまうようなら、すぐに答えを見る
  2. 答えを見て、「そうだった!」と悔しい思いをする。

これを繰り返せば、脳が「これは大事な情報なんだ!」と判断して、記憶に定着させてくれます。

日本史の市販の書き込みノート【おすすめ3選】

本来なら、ノートは自分で作ってほしいです。

理由は、さっきから言っているとおりですね、

とはいえ、

  • どうしても時間がない!
  • 他の科目の対策で忙しい!

という人は、市販の書き込みノートでも、ある程度効果は得られます!

ただし、市販の書き込みノートを使う場合でも、

回答を赤シート対応させて使う

のは、徹底してくださいね!

エンピツで書いていく感じだと、あとで暗記に使えないので、無駄になってしまいます。

書き込みノート日本史※センター7割を目指す!

▲この本の特徴▲

  • 穴埋め箇所は少なめです。
  • センター7割・偏差値55~65くらいを目指すのに最適です!

 

詳説日本史ノート※センター8割を目指す!

▲この本の特徴▲

  • 教科書準拠なので、信頼度が高く、使い勝手もいい。
  • 難関大対策には、ちょっと物足りないかも…
  • センター8割を目指すレベル!

 

ココが出る!!日本史Bノート※難関レベルを目指す!

▲この本の特徴▲

  • 難易度高いけど、難関大対策もできて◎!!
  • 偏差値70以上目指す人も使えます。
  • ちょっと難しめなので、教科書の内容はだいたい理解してる人向け

 

まとめ:日本史は、難関大目指すならノートまとめしよう【市販ノートでも赤シート必須】

過去問の知識をどんどん追加できたり、表やリストを自作して暗記しやすいことを考えると、難関大志望者は、ぜひ日本史のノートまとめをやってほしいと思います!

とはいえ、時間がない人も多いと思うので、ひとまず市販の書き込みノートをやってみてもOKです。

いずれの場合でも、何度も赤シートチェックして、記憶に定着させるよう意識してください。

繰り返しやらなければ、ノート作りは無駄になってしまいます。

暗記に特化した最強ノートをまとめて、受験で日本史を得点源にしていきましょう~!