受験

【浪人生の母って辛い…そう感じているあなたへ】お子さんにできること&声かけや健康管理のポイントなどを紹介!

B

下記リンクから「特別な大学受験バイブル」を入手!

ココナラにて、3500円で上記の教材を販売しています。

  • 高すぎる受験料の節約方法【最大7万円の節約】
  • 滑り止め大学の選び方【偏差値の基準を明記】

こちらを現役プロ家庭教師目線でかなり正直なところまとめてます。

正直、ネット上には情報が溢れすぎていて、判断能力をみなさん失ってますね。学校の先生が頼りにならないことも多いようです。

特に、受験料の節約とか滑り止めの選び方って、「自分で調べろ」的な感じですよね(学校の先生でありながら無責任では?と思ってしまうけど。)

素人が調べていくのもかなり時間はかかりますから、受験料を節約したい・志望校を正しく選びたいという方はこちらから教材を除いてみてください。

親なら知っておきたい大学受験のマル秘知識教えます 志望校の選び方から受験生への声掛け・受験料節約までプロが解説

教材は12月いっぱいでクローズする可能性があります。。大人の事情でいろいろありまして…(^^;

なので、欲しい方はお早めに。。

「我が子を応援したいけど、正直心が辛い...」

「どうやってサポートしてあげればいいのかわからない...」

「浪人生の子どもに対しての、正しい接し方って...?」

このように、お子さんが決めた「浪人」という選択を、どうやって支えればいいのか悩んでいる保護者の方は多いでしょう。

お子さんの頑張りを1番近くで見ているからこそ、辛い気持ちになることもありますよね。

この記事では

  • 【浪人生の母は辛い】お子さんへの正しい声かけとは?
  • 【浪人生の母は辛い】親にできることって何?
  • 【浪人生の母は辛い】健康管理のポイントとは?

といった内容について解説していきます。

無理せずお子さんの成長を見守るためのポイントを、一緒に押さえていきましょう。

【浪人生の母は辛い】お子さんへの正しい声かけとは?

「今年を乗り切れば、受験が終わる!」

そう思っていたのに、目指していた大学に合格できず、浪人を決意する高校生は少なくありません。

また苦しい勉強生活が始まることを想像すると、親ですら気持ちが重くなってしまいますよね。

「子どもになんて声をかければいいのかわからない...」と悩んでしまうことは、当然のことです。

声かけの仕方で迷った時は、まず浪人生の視点に立って考えてみましょう。

「必死に頑張ったのに、なんで自分だけダメだったんだろう」

「高い塾代を払ってもらってるのに、申し訳ない」

口に出さなくても、悔しさや焦りだけではなく、恥ずかしさや申し訳なさも、お子さんの心の中には渦巻いているはずです。

そんな心情の時に、親から「もっと頑張りなさい!」「これだから合格できないんでしょ」などと言われては、心はズタズタになってしまいます。

声かけの際に1番大切なことは、かっこいい言葉や、誰かの名言を言うことではありません。

「これまで頑張ってきたことが、すでに凄いことだよ」

「お母さんは、あなたを信じてるから大丈夫」

本当に大切なことは、そんな気持ちを、何気ない会話に織り込んであげることなのです。

夕飯時や寝る前に「今日も頑張ってたね。凄いよ」という一言をかけてもらうだけで、お子さんは心が救われるはずです。

何か気の利いたことを言わなくちゃと、焦る必要はありません。

いつもの会話に、信頼を感じさせる言葉を、添えてあげるだけでいいのです。

【浪人生の母は辛い】親にできることって何?

お子さんが浪人生になれば、どんな親でも「無力感」や「焦り」を味わうものです。

どうにかしてあげたいけれど、受験をするのはお子さんであり、親はその後方支援をすることしかできません。

だからこそ、どんなサポートができるのか、悩んでしまうこともあるでしょう。

「浪人してもダメだったら、もう後が無い」と、絶望的な気持ちになってしまっている方もいるかもしれません。

ここで1番大切なのは、「まず親が落ち着くこと」です。

親自身が、心に余裕を持ち、「きっと大丈夫」という気持ちでいることなのです。

まずは、ご自身の不安な気持ちを受け止めてあげましょう。

その不安の奥には、きっとお子さんの幸せを願う、温かい気持ちがあるはずです。

「何かしてあげなくちゃ」と焦る前に、まずは自分の中にある「親としての愛情や願い」に気づくことで、お子さんに向き合う余裕が生まれます。

では、親自身に落ち着きが生まれた後にできることは、一体何なのでしょう。

それは、完璧な声かけでも、差し入れでも、予備校のお金をとりあえず準備することでもありません。

親が浪人生にできることは「気持ちをすり合わせること」です。

「どうやって次こそ合格するか」ではなく、「そもそもどうして大学に行きたいのか」や「大学の先に何があって欲しいのか」を話し合いましょう。

親は、「将来の可能性や選択肢を増やすために大学に行く」と思っていても、お子さんが同じモチベーションを持っているとは限りません。

「おもしろい人たちに出逢いたいから」

「実は〇〇に興味があるから」

「このサークルに入りたいから」

この様に、親とは全く違う理由で、大学を目指しているかも知れません。

本当の気持ちを知っていなければ、親の決めつけや推測で、お子さんの心を傷つけてしまうこともあります。

浪人生を支えるために親ができることは、「子どもと同じ方向を見ていること」なのです。

【浪人生の母は辛い】健康管理のポイントとは?

親ができる日々のサポートの中で、最も大切なものの1つが「健康管理」です。

健康管理とは、具体的に言うとこの様なものが挙げられます。

  •  栄養バランスのとれた食事
  •  家の中の環境づくり
  •  愚痴を聞いてあげる

食事面の健康管理は、色んなところで耳にしますよね。

中でも、最も重要視されているのは、1日の初めに食べる「朝ごはん」の内容です。

1日しっかり働けるだけの栄養を、朝ごはんで脳に送ってやることが、浪人を乗り切るためにとても大切。

米やパンなどの炭水化物は、脳のエネルギーとなるブドウ糖になります。

また、ブドウ糖への変換を早めてくれるビタミンB1は、卵や肉類から摂取できます。

受験合格と食事内容は、想像以上に直結しているため、浪人生がしっかり朝ごはんを食べれる様に、工夫してあげましょう。

また、環境づくりとして、室温や騒音に気を使ってあげることができます。

部屋が暑すぎたり、テレビの音が大きすぎると、集中力は続きません。

クーラーを設置したり、テレビの音量を下げる、または防音対策をしてあげたりすることで、勉強が捗る環境を作ってあげましょう。

最後に、「愚痴を聞いてあげること」は、親だからできるサポートの1つです。

予備校の友達や、先生たちの前では、なかなか弱気なことを言えない浪人生は多いものです。

「周りは頑張ってるのに、自分だけ弱音を吐くなんて出来ない...」と、自分で抱え込んでしまうこともあるでしょう。

そんな時に、どんなことを言っても受け止めてくれる存在が、親です。

否定したり、アドバイスをするのではなく、「そっか。大変だよね」という心で、浪人生の不安を受け入れてあげましょう。

まとめ

浪人生の親は、時に苦しく、時に切ないものです。

「親に何ができるんだろう」と悩んでしまうのは、決してあなた1人ではありません。

その不安や焦りの裏には、「幸せになってほしい」という親心が隠れています。

まずは、自分の心の中にある優しい親心を知り、自分自身の心を落ち着けてあげましょう。

「大丈夫だよ」という心で接することが、浪人生を勇気付けるために親ができる、最大のサポートなのです。

知らなきゃ損する大学受験のイロハ【保護者さま・独学の受験生向け】

仕事柄、普段から色々な受験生・保護者の方とお話しますが、みなさん、

  • 志望校ってどのレベルに設定するのがいいんですか?
  • 何校くらい受けたらいいんですか?
  • 滑り止めの安全圏ってどのくらいですか?

などなど、受験校について全くと言っていいほど自信がない人が多いんですよねー。

私に相談して初めて、「そんなコトがあったんですね⁉初めて知りました。」なんておっしゃる親御様の、多いこと多いこと… 学校の先生や、塾の先生は何をしてるんでしょうか…(^^;

(仕事シテクダサイ 小声

まあそんなこと言ってても仕方ないので、プロとして個別に生徒さんや保護者さまに説明していた内容・お渡ししていた資料を、まとめて一般公開することにしました。

さすがに無料は難しいので3500円で販売していますが、それでも受験料を最大7万円カットできる方法も載せてせているので、元は取れるでしょうね。

  • 高すぎる受験料の節約方法【最大7万円の節約】
  • 滑り止め大学の選び方【偏差値の基準を明記】

こちらを現役プロ家庭教師目線でかなり正直なところまとめてます。

正直、ネット上には情報が溢れすぎていて、判断能力をみなさん失ってますね。学校の先生が頼りにならないことも多いようです。

特に、受験料の節約とか滑り止めの選び方って、「自分で調べろ」的な感じですよね(学校の先生でありながら無責任では?と思ってしまうけど。)

素人が調べていくのもかなり時間はかかりますから、受験料を節約したい・志望校を正しく選びたいという方はこちらから教材を除いてみてください。

親なら知っておきたい大学受験のマル秘知識教えます 志望校の選び方から受験生への声掛け・受験料節約までプロが解説

教材は12月いっぱいでクローズする可能性があります。。大人の事情でいろいろありまして…(^^;

なので、欲しい方はお早めに。。