受験

【必見】だらだら勉強しない方法【いますぐやれば後悔しない】

こんにちは、塾講師・オンライン家庭教師のめじろです!

このブログで、受験生や保護者の方に役立つ情報を発信しつつ、個別指導なども行っています。

記事の信頼性

当サイト「green magazine」の筆者は、2社以上の個別指導塾にて大学受験の指導を経験。Twitter・LINEにて受験生の様々な悩み相談に乗っています

今回は、以下のような悩みを掘り下げていきますよ~!

マモル
マモル
今週末模試があるから復習しておかなきゃいけないのに、だらだらがとまらないよお~
誰かどうにかして~~~
めじろちゃん
めじろちゃん
おやおや~笑

やらなきゃいけないときにかぎってやる気が出ない気持ち、よく分かるよ~

定期テストや模試の前、そろそろ結果をださなきゃと思っても、なかなか勉強のやる気がでないときがあります。

私は完全独学だったので、自分でやる気をコントロールしなくてはならず、とっっっても苦労しました。

しかも、私は小学生3~4年生の頃、怒られても怒られても宿題をやらず、「やった」と嘘をつき、学校でバレるという「極度のめんどくさがり屋」でした。

みなさんは、もう少しマシでしたか?

なら、大丈夫です!笑

受験は約1年間の長期戦。

ついだらだらしてしまう自分とも、上手に付き合っていくことが、受験に勝つコツです。

なので、今回は、受験生(じゃなくても良いですよ!)が、

  • 勉強する気が起きない
  • だらだらしてしまう時にすべきことを紹介します。

そろそろ、『だらだら→自己嫌悪→モチベ下がる→だらだら…』の無限ループから抜け出しましょう。

その方が圧倒的にラクですよ。

だらだら勉強しない方法

どんどん、ノンストップでいきます。

できそうなことがあったら、やりましょう。今すぐです。

だらだら勉強しない方法①:時間を区切って勉強する

メリハリ付けて勉強するポイントは、

  • 終わりを意識して勉強
  • タイマーを使う

の2つ。

終わりを意識して勉強、というのは「あと○問やったら終わり!」「あと10分で休憩!」など、近くに終わりがあると思えるようにするということです。

私は席に座って勉強してくれないほどの問題児を塾で担当したことがありますが、これを意識させるだけで座って勉強してくれるようになりました。笑

「終わりを意識」の話にも通じますが、タイマーを使って勉強するのもメリハリが効いて良いです。

だらだら勉強してしまう人は、

  • 25分勉強
  • 5分休憩

もしくは

  • 15分勉強
  • 3分休憩

のサイクルでやってみてください。

キッチンタイマーを2つ用意するか、モクリなどの作業アプリを使ってもいいです。

カウントダウンされている感覚 → 自然に焦りが生まれるので、だらだら勉強は卒業できるはずです。

それでもだらだらやってしまう…途中で寝てしまう!という人は、次のことを今すぐ実行です!

だらだら勉強しない方法②:お風呂に入る

  • やる気がでないとき
  • 眠たいとき

は、お風呂に入るとスッキリします。

受験生は、常に頭をフル稼働しているので、脳は想像以上に疲れてます。

そんなときは、何もしないより「なにも考えなくてもできること」をする方が脳が休まるときもあります。

入浴は、

  • 頭を洗う
  • 体を洗う
  • 湯船につかる

と、慣れた動作しかしないので、「何も考えずに何かする」にはちょうどいいですよね。

そのほか、お風呂には

  • 水圧と温度で血行がよくなる
  • 疲れがとれる
  • 体を活発にする交感神経を優位にしてくれる

などの作用あり。

少し熱いくらいのお湯だとベター。

シャワーだけの人も、熱めにしましょう。パチッと目が冴えます。

だらだら勉強しない方法③:思いきって寝てしまう

「明日はやる気が出ますように~」と祈りながら寝てしまうのもいいと思います。

「寝るの?だめじゃん!( ;∀;)」と思うかもしれないですが、

頑張っても、結局うまくいかずにだらだらしてしまうなら、最初から寝てしまえば時間もムダにならないですよね?

やる気が出なかった次の日は、不思議とモリモリやる気が出てくることも、よくあります。

少なくとも私は、めちゃくちゃありました。

「なんか今日だめだな」と思ったら早めに見切りをつけると、自分を大事にしつつ受験勉強をがんばっていけますのでお試しを。

もし「やるべきことが頭に浮かんで眠れない」なら、明日やることをメモに書いてスマホの画面に貼っておきましょう。

「やらなければいけないこと」をいったん頭の中から出してメモに預けられるので、案外気にならずに寝れます。

だらだら勉強しない方法④:ジョギングなど運動をしてみる

ぼーっとしたり、やる気がでないときは、脳の酸素が足りてない可能性があります。

部屋の換気ももちろんしてほしいですが、荒治療として運動がおすすめだったりします。

  1. 運動をする
  2. 息があがる
  3. 酸素をたくさん体に取り込む
  4. 血流が増加して脳に酸素が供給される

という仕組み。

ジョギングが面倒!という人は、息のきれることをやってみましょう。

筋トレとかいいかもです。

冬場なんか寒いので、部屋の中でできるお気に入りの運動を見つけておくとベストですね。

(ちなみに運動にはストレス軽減効果があります。受験太りも解消できて一石二鳥どころかそれ以上かも)

だらだら勉強しない方法⑤:映画を1本観る

気分転換!と称して

  • 漫画を読んだり
  • テレビを見る

のは、正直いって微妙です。

理由は、いつまでも見てしまうから

むしろ、90分~2時間くらいの映画を1本見るほうがおすすめです。

理由は、

  • 終わりがハッキリしている
  • 世界観があってのめり込める

から。

「本当は勉強しなきゃいけないのに…」という考えをいったん捨てガッツリ映画にのめり込んでください。

ジュースとおやつを買ってくれば、簡単に「遊びモード」に入れて、だらだらするよりも数倍楽しくリフレッシュできます。

海外ドラマが好きならそれでもいいですが、1日1本ときめてください。

それを守れるなら、かえって「アレを見るから頑張ろう!」と毎日のご褒美にもなっていいですよね!

だらだら勉強しない方法⑥:とりあえず作業的な勉強を始めてみる

「あーだるいな」「やりたくないな」と思っても、やりはじめると案外集中できます。

私の経験でも、「あー無理」と思っていた日に限って、始めてみたらいつもよりはかどった、なんてことがあります。

塾の生徒さんでも、そうです。

「無理無理」言ってる日に限って、最後まで自習室に残ってたりします。

脳科学的にみても、「やる気は、やり始めないと出ない」という研究結果が出ているくらいなので、これは信じてよさそう。

さらに経験からアドバイスするなら、たとえ優先順位が低くても「作業的な勉強」から手をつけてみるのがおすすめ。

その方が、ハードルがずっと低いので。

たとえば、英単語帳の適当なページを開いて、スペルをただただノートに写していくとか、一問一答の年表ページを〇〇年代に絞って書き写すとか。

意味ないように思えても、「写し作業」は、頭をあまり使わないのに、知識の定着を促してくれます。

指先を動かすことでアタマも動きはじめるので、その点もGood。

まとめ:だらだら勉強しない方法はいっぱいある!その時に合った方法で解消しよう

内容をまとめます。

【勉強すべきなのにだらだらしてしまう時すべきこと】

  • 風呂に入る
  • 寝る
  • 運動する
  • 映画を見る
  • とりあえず勉強を始めてみる

記事を読んだだけだと正直なにも変わらないので、今すぐどれかひとつ実行してみましょう!!

めじろちゃん
めじろちゃん
大切なのは、自分を責めずに、行動していくこと!サボってしまう自分とも、上手に付き合えるようになってね。

▼モチベーションが下がっている人はこちらも読んでおきましょう

勉強のモチベーションの上げ方・保ち方を徹底解説|方法から名言まで
勉強のモチベーションの上げ方・保ち方を徹底解説|本質を教えます勉強のモチベーションの上げ方・保ち方を知りたいですか?勉強へのやる気って、なかなか続かないですよね。本記事では、難関大にも合格できる力をつけるためのモチベーションを上げる方法・名言や、運動でモチベーションは上がるのか?まで、網羅的に解説。成果を出したい人は、記事を見てから勉強しましょう!...