学びのコツ

数学のノートの取り方・まとめ方|中学生の悩みを解消【見本あり】

数学のノートの取り方・まとめ方|中学生の悩みを解消【見本あり】

こんにちは、塾講師・オンライン家庭教師のめじろです!

このブログで、受験生や保護者の方に役立つ情報を発信しつつ、個別指導なども行っています。

今回は、以下のような悩みを解決します!

  • 中学数学のノートってどう書けばいい?
  • 図形や証明の書き方は?
  • おすすめのノートはある?

授業ノートと、問題をやるノートの使い分けに迷ったり、あとでノートを見ても理解できなかったりと、悩む中学生は少なくないです。

私は塾講師として中学生に数学を教えてますが、「ノートの取り方さえうまくなれば、成績も伸びるのに!」という子が本当に多い!

意外とカンタンな点に注意するだけで、

  • 見違えるように分かりやすいノートが書ける
  • 成績までアップするノートになる

ので、ぜひ、最後まで読んで参考にしてください♪

この記事の信頼性
  • 当サイト「green magazine」の筆者は、2社の大手個別指導塾にて中学生の指導を経験。
  • 中学時代は数学が大の苦手だったため、「数学苦手さん」でもできる解き方・ノート作りが得意です!

数学のノートをとる意味【裏紙だと○○ができない】

まずはじめに、「数学のノートを取る意味ってあるの?」と聞かれることがあるので、解説します。

数学の授業で、せっせとノートを取っても、よく意味がわからないし、結局テスト前に見返しても不明…

どうせ後から見ても分からないんだから、ノートを取るのはイヤ!となってしまうんですね。

でも、数学のノートを取る意味は、「授業を理解すること」だけではありません。

  • ポイントや公式を書いておいて、あとで辞書として使う
  • 計算の途中式を書いておいて、分からなかったときに見返す

という、大事な目的があります。

教科書は、ポイントがまとまっていないし、途中式がありません。

裏紙に計算をするだけだと、「いつ・何をやったのか」が分からないし、バラバラ・ぐしゃぐしゃになるので、一番大事な「復習」ができません。

塾の生徒でも、数学のノートをちゃんと作らずに、いつも裏紙にぐしゃっと書いている子は、「見直し」「復習」の概念が無いので、なかなか成績が伸びないんですよね…

あとから見て「ここはこういうポイントで、こう解くのか」と理解するためには、やっぱりノート作りは必要なんです。

ノート作りのコツは、この記事で分かりやすく解説していきます。

ぜひ、ノート作りをやめてしまわないで頑張ってみてください!

数学ノートのページの使い方

まずは、数学ノートにどうやって書いていくのか、ページの使い方を2つ紹介します!

数学のノートの真ん中に線を引く(半分にする)作り方

学校の先生で、

  • ノートの真ん中に線を引いて、
  • 左側に問題を
  • 右側に計算式と答えを書きましょう

と教える方も多いようです。

こういう感じですね!

真ん中に線を引く(半分にする)作り方

計算の練習など、あまりボリュームが多くない問題は、このやり方はおすすめです!

右半分を隠せば、テストのようになり、復習もできますよね。

ただし、証明や図形問題など、書くことが多い問題だと、スペースが小さいのでごちゃごちゃしてしまいます。

書くときにごちゃつくと、計算ミスの原因になります。

思考も、なかなか整理できません。

数学のノートを表・裏で使い分ける作り方【ルーズリーフがおすすめ!】

図形や証明問題など、書くことが多い問題の場合は、

  • ノートの表(オモテ)に問題を書き、
  • 裏(ウラ)に解答・計算式を書く

ようにするのがおすすめです。

こんなイメージです!

数学のノートを表・裏で使い分ける作り方【ルーズリーフがおすすめ!】

ルーズリーフを使う手もあります。

  • ルーズリーフの表:問題
  • ルーズリーフの裏:答え

を書いていきます。

ルーズリーフのいいところは、テスト前にページをシャッフルして、ランダムに理解度をチェックできること。

演習の質がめちゃめちゃ良くなるので、テストの点数アップに直結します!

数学のノートを表・裏で使い分ける作り方【ルーズリーフがおすすめ!】のコピー

定期テスト前は、「学校のテスト前課題」が出されるはずなので、その課題で「裏・表」ノートを作り、試験前に繰り返し演習するようにしましょう。

これだけで、定期テストの点数が10~20点アップする可能性もあります!

数学のノートに問題文は全部書くべき?

文章題だと、長~くなるので、ノートに全部書くのはイヤですよね。

長々と書いていると手も痛くなるし、時間がもったいないので、問題は全部書く必要はありません

一度問題を読んだら、問題の内容を箇条書きにして書いていきましょう!

例えば、

もともとの問題文

ジョーカーを除く52枚のトランプから1枚だけ引くとき、次の問いに答えなさい。
①起こりうる場合の数を求めてください。
②ダイヤで偶数のカードを引く場合の数を求めてください

こういった問題の場合は、

ノートの書き方!
  • ジョーカーを除く52枚のトランプ
  • 1枚だけ引く
  • 起こりうる場合の数は?
  • ダイヤで偶数のカードを引く場合のは?

このように、箇条書きで書くことにより、格段に分かりやすくなります!

「なんだそんなことか!」と、問題がカンタンに見えてくることも多いですよ。

数学のノートは色分けしたほうがいい?

数学のノートは、色分けする必要はありません。

きれいに書こう・カラフルに書こうと思うのはいいですが、色分けによってノートが分かりやすくなるワケではありません。

塾で生徒を教えていても、やたらキレイにノートを取る子よりも、ザクザク殴り書きをして、早くノートを完成させる子の方が、成績は良いです。

使うとしても、の3色くらいにとどめておき、シンプルで無駄のないノートにしてくださいね!

数学のノートを超わかりやすくするコツ5つ

「ここはどう書いたらいい?」という質問が多い箇所について、具体的に書き方を教えます。

計算式のノートの書き方

計算式をノートに書くときは、必ず=(イコール)のタテの位置を合わせて書くようにしてください。

このように、イコールがどこにあっても、その下に次のイコールを書くようにします。

式が複雑になると=(イコール)の位置がずれているだけで、計算ミスをしやすくなります。

カンタンな式であっても、書き方を合わせるクセを付けておいてくださいね。

数学の正負の数のノートの書き方

正負(プラスとマイナス)は、慣れてきたらカンタンに解けますが、難しいときは数直線を使って書いてみましょう!

数直線は、左にいくほど小さい数・右にいくほど大きい数になります。

例えば、

-7+11

の場合、

  1. まずゼロからスタートし、ー7までひとつひとつ左へ数えます。
  2. ー7まで来たら、今度は右へ、11メモリ分進みます。
  3. 止まったところが答え(+4)です。

ノートは、このようにして書きます。

慣れないうちは、どんどん数直線を書いて、理解していきましょう。

数学の図形問題のノートの書き方

図形問題は、できるだけノートに自分で図形をかいてみてください。

最初は難しく感じるかもしれませんが、10~20問くらいやればすぐ慣れるはずです。

透明(クリア)の定規を使うと、より書きやすいです。

図が書けたら、問題の条件・分かっていることを図に書き込んでいきます。

文章と図形を眺めているだけでなく、文章に書いてあることを図形の中におとしこんでください。

しっかり手を動かして、ノートに書き込みしていくことで、

  • 図形に対する苦手意識がなくなってくる
  • 図を見るだけで問題の内容が分かる

ので、かなり正解しやすくなりますよ!

頭の中で考えていることを、ノートにすべて書いていくことで、考えが整理されて、解決の糸口が早く見つかるようになります。

生徒を教えていると、自分で図を描いたことがない・図に書き込んだことがない子が多すぎます。

眺めているだけで点数を取れるのは、天才くらいなのに…

いままで眺めているだけだったな、という人は、下手でもいいので「手を動かす」ことを意識してみてください!

数学の証明問題のノートの書き方

「証明ってどうやって書くの?」という質問はよくあります。

証明問題のノートは、

  • 図形に自分で書き込む
  • 証明の「型」に沿って、ただ書く

この2ステップです。

図形がある問題のときは、まず、仮定として分かっていることを図に書き込みます。

※方眼やメモリの付いているノートだと、図が描きやすいです。

次は、証明を書いていく作業ですね。

証明には、「型(かた)」があります。

  1. 何について?
  2. どういう理由で?
  3. どうなるの?

この3ポイントを押さえてかけば、証明の解答になります!

もう少し詳しく見てみると、

  1. 何について?…「○○において」
  2. どういう理由で?…「仮定より…、図より…」
  3. どうなるの?…「△△というルールにより、□□である」

証明問題をノートに書くときは、ただダラダラ書くのではなく、この「型」を意識するようにしてください。

テストでも、証明問題が楽勝に思えてきますよ!

数学のテスト直しノートの作り方

定期テストが返却されたら、「テスト直しノート」を作ってください。

解き直しもできればしてほしいですが、余裕がない人は、

  • 間違えた問題を写す
  • 計算式・解答を写す
  • 使うべき公式をメモする

だけでも効果はあります。

自分はこの分野が弱かったんだな、と現状を確認することができるので、学年末テストなど広範囲のテスト勉強をする際、役に立ちますよ!

授業ノートの取り方・まとめ方

授業中のノートに関しては、

  • 手を止めない
  • とりあえず板書を写す

ことを意識しましょう。

分からないところがあると、ノートを書くのがイヤになってしまいがちですが、手を止めてしまうと、後で見直そうと思ってもできません。

空白を作らないように、頑張ってみてください。

授業中に分からなかった問題でも、家に帰ってからノートを見て、「なんだカンタンじゃん!」と思えることも多いですよ!

余裕がある人は、

  • その日の授業で使った公式
  • 解法のポイント

を、教科書からノートに写しておくと、より知識が定着します。

最強の数学ノートにおすすめのルーズリーフ【方眼・ドット付き】

私も、実際に中高生の時に愛用していたルーズリーフです!

数学のノートを上手く取りたいなら、買っておいて損はないですね。

(他の教科でも、表を書く・線を引くのがめっちゃラクになるのでおすすめです。)

あと、図形を書くのが苦手なら、透明(クリア)の定規がおすすめです。

中学生の娘の愛用です。
折りたたみの定規やアルミ製など
色んなものを使いましたが
これが一番いいみたいですね。

(Amazon口コミ)

私もいろんな定規を使いましたが、透明のものが、数学には一番でした!

まとめ:数学のノートのまとめ方はコツあり!文房具も工夫するとなお◎

中学生の悩みを解消する、数学のノートの作り方を紹介しました!

私も塾で生徒にアドバイスすることがありますが、ノートの取り方が変わったことで、理解度が見違えるように上がった子もいますよ。

数学の成績が上がらない…テストの点数が悪い…のは、もしかしたら、ノートの取り方が良くないのかもしれません。

今回の記事を参考に、ぜひ

成績が上がる数学ノート

を作ってください!